SEOナンバーワン > ロングテールSEO対策
ロングテールSEO ビックワード+ミドルワード+スロールワード=100ワード上位化

ロングテールSEOとは

SEO対策を行う際にビックワードを軸にサイトのカテゴリー設計をして、ビックワード、ミドルワード、スモールワードとバランスよくページ数を増やし、多くのワードを、10位以内に上位化する事により、集客効果を倍増させる手法です。
ロングテール説明図

ロングテールSEOのメリット

ビックワードに比べれば、ロングテールワードは検索数は少ないですが、競合他社が少なく成約率が高いキーワードの宝庫です。ロングテールSEO には以下の様なメリットがございます。
1.アクセスが安定的する
マンションなどのビックワードで集客している場合に、検索エンジンのアルゴリズム更新などで、順位変動があったときにアクセス数が激減するリスクがございます。そこで、ロングテールSEOでは、100以上のワードで上位化し、アルゴリズム更新があっても何割かが上位化しており、安定的なアクセスを確保できます。
50%がロングテール層からのアクセスになれば、非常に安定します。
2.ユーザーマッチングが正確
ロングテールワードで検索する方は、自分のニーズになったサービス・商品を明確に意識しているので、求めている情報と提供している情報が正確にマッチングします。
ですから、アクセスは少ないですがコンバージョン率は高くなります。
3.費用対効果が良い
ロングテールワードは、検索ボリュームが小さいので競合性が少なく、ビッグワードにくらべればブルーオーシャンといえます。
ですから少ないコストで上位化が可能です。
また、キーワードの検索ボリュームは絶えず変化しておりますので、多くのワードで上位化することで将来のための集客の仕組みを準備することにもなります。

ロングテールSEOの方法

カテゴリー設計に則ってサイトを作成し、被リンクを中心ワードにはれば、スモールワードは自動的に上位化します。
ビックキーワード+『地域名』『サービス内容』など、検索ニーズのあるキーワードでロングテール化するために、ページを量産します。
この場合、各ページの文章のオリジナリティと更新頻度が重要になります。
手間もかけずに、定期的に多くのページが更新される仕組みを設計することをおすすめしております。
検索キーワードのロングテール化

LT SEO導入プラン  既存サイトをLTSEO化する。

既存サイトを部分的に修正することによって、複数のワードで上位化するための導入プランとSEO対策サービスをご提供しております。
サイト設計コンサル費用 99,800円(税別)
※キーワード選定、カテゴリー設計、修正レポート、サイト作成代行の場合は個別見積り
SEO対策運用費

77,000円〜/月(税別)

ロングテールSEOの中心軸になるキーワードを2〜3ワード決めて対策します。

ロングテールSEO事例紹介

TEL 03-5791-2877